幻想的な「大文字焼き」が見てみたい!京都「五山の送り火」を徹底解説!【2015年度版】

京都の夏の幻想的な風景のひとつである「大文字焼き」。良く耳にしますが、
正確には「五山の送り火」と呼ぶ、お盆に京都で行われる伝統行事のことをいいます。

五山の送り火は、祇園祭とともに京都の風物詩のひとつなので、
ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。

夏の美しい京都を満喫できる「五山の送り火」を徹底解説します。

五山の送り火

引用元:京都五山送り火

夏の夜空に浮かぶ幻想的な「京都・五山の送り火」徹底解説【2015年度版】はこちら!

五山の送り火とは?

五山の送り火の起源は、平安初期やや室町中期とも言われ、
古くからお盆に行われる京都の伝統都的行事です。

五山の送り火には、お盆に帰ってきた先祖の魂があの世に戻るのを
送る意味合いがあり、仏教的行事なのです。

どこで行われるの?

「大文字焼き」で名前が知られる通り、「大文字」が有名ですが、
京都を囲んでいる東山如意ヶ嶽の「大文字」、大北山の「左大文字」、
松ヶ崎西山と東山の「妙法」、西賀茂船山「船形」、嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」の
5つの山に送り火を炊きます。

日にち・時間は?

毎年8月16日の20時から、時間差で点火をしていきます。

20:00~大文字点火(東山如意ヶ嶽)

大文字引用元:京都五山送り火

20:05~妙法点火(妙は松ヶ崎西山、法は松ヶ崎東山)

妙法

引用元:kyotoiju.com

20:10~船形(西賀茂船山)

船形

引用元:五山送り火

20:15~左大文字(大北山)

左大文字

引用元:hatena.com

20:20~鳥居形(嵯峨曼荼羅山)

鳥居形

引用元:五山送り火

20時から徐々に約30分間点火され、夏の京都の夜空にそれぞれの形が浮かび上がるのです。

五山の送り火が見える場所は?

送り火が複数観賞できるおすすめスポットがあります。

■無料スポット

吉田山山頂公園
真如堂
京都御苑
万灯呂山展望台
鴨川堤防沿い
出町柳三角州周辺
京都駅ビル(事前抽選)

■有料スポット

(ホテル)
ホテルルビノ京都堀川
京都ロイヤルホテル&スパ
京都新阪急ホテル
京都東急ホテル
京都タワーホテル

(その他)
同志社大学寒梅館

五山の送り火の楽しみ方

五山の送り火は、精霊の冥福を祈るための行事ですが、
生きている私たちの健康や無病息災を祈ることができるのです。

翌日以降に山に登り「消し炭」を求め、
奉書紙に包んで玄関の門口に掲げておくと、魔除けのご利益があります。

また、杯のお酒などに「大」の字を映して飲むと無病息災のご利益があると言われています。

まとめ

五山の送り火は、京都の夏の終わりを告げる伝統的な行事です。

祇園祭と並んで有名なイベントのひとつですが、
五山の送り火は落ち着いた魅力のある行事なので、
賑やかな祇園祭と合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

夏の京都観光の参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です