ビジネスマナー|朝の挨拶

社内・社外を問わず、挨拶は明るさが大事です。

特に朝の挨拶は、大きな声で爽やかに行うと挨拶をされた方の気分も健やかになることでしょう。

逆に、元気なく、聞こえるか聞こえないか位の小さな声で挨拶をすると、相手のモチベーションを下げてしまうことも…。

今回は、そんな朝の挨拶の仕方についてご紹介します♪

こうすることで好印象を与えます。

出社時〔1〕

悪い例

・・・・(無言)

良い例

おはようございます。

出社時〔2〕

悪い例

ぉはよぅござぃます(小さい声)

良い例

おはようございます。昨日はお疲れ様でした。

前日の労いやお礼の言葉を添えることで好印象に。

おはようございます。本日もよろしくお願い致します。

上司・同僚問わず、お互いが気持ちよく仕事に取り掛かれる一言を添えてもGood。

取引先への挨拶

悪い例

どうも。

良い例

おはようございます。いつもお世話になっております。

このように日頃の感謝の気持ちを表す一言を添えてもいいでしょう。

お客様への挨拶

悪い例

どうも。

良い例

おはようございます。ご利用(ご来店)ありがとうございます。

こちらも感謝の気持ちを表す一言を添えるといいでしょう。

まとめ

「おはようございます。」という挨拶は
午前中はどんな場面でも使うことができます。

ただし、11時までの使用に限るなど、
あなたの会社での特別な規定・規則があれば
そちらを優先して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です