ビジネスマナー|上司から指示を受けた時

「●●さん、ちょっと来て。」

このように上司から呼ばれる場面は多いと思います。

今回は、『上司(先輩)から指示を受けた時のマナー』をご紹介します。

上司から指示を受けた時

悪い例

「何でしょうか?」

良い例

「はい、ただいま参ります。」

「何でしょうか?」はNG。その内容を伝えるためにあなたを呼んでいるのです。まずは返事をして、上司のもとへ向かいましょう。

上司から呼ばれたが、すぐに行けない時

悪い例

「今、ちょっと無理です。」

良い例

「すぐ伺いますので、少々お待ちいただけますか?」

「行けません」や「手が離せません」もNG。「待ってもらえますか?」の謙譲語が上の表現になります。

上司から指示を受けた時

悪い例

「了解です。」

良い例

「はい、承知しました。」
「はい、かしこまりました。」

「承知しました」「かしこまりました」はビジネスシーンでよく使う用語です。

上司から指示を受けたが、仕事を抱えている時

悪い例

「今は他の仕事があるので無理です。」

良い例

「申し訳ありません。実は●●の仕事をしているのですが(中略)いかがいたしましょうか?」

「無理です」「できません」という返事はNG。今している仕事があるのならば、指示を受けた仕事との優先度を上司に尋ねて、改めて指示を仰ぎましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です