ビジネスマナー|早退や休暇を申し出る時の言い方

business

早退を申し出る場合

悪い例

「具合が悪いので早退してもいいですか?」

良い例

「突然で申し訳ありませんが、体調が悪いので早退させていただけますか?」

急な申し出の場合は、申し訳ないという配慮の言葉をまず伝えましょう。

急な事情で休みをとりたい場合

悪い例

「明日、お休みさせていただきます。」

良い例

「急なことで申し訳ありませんが、明日、休暇をいただけますか?」

こちらも急な申し出なので、申し訳ないという配慮の言葉をまず伝えましょう。

急な事情で休みをとりたい場合

悪い例

「明日、お休みさせていただきます。」

良い例

「急なことで申し訳ありませんが、明日、休暇をいただけますか?」

こちらも急な申し出なので、申し訳ないという配慮の言葉をまず伝えましょう。

家族の事情で休みをとりたい場合

悪い例

「急にお父さんが入院することになりまして…。」

良い例

「私事(わたくしごと)で申し訳ありませんが、父が入院するために、明日休暇をいただけますか?」

家族の呼び方に注意。お父さん→父、お母さん→母、などという言い方は常識です。

遊びで休みをとりたい場合

悪い例

「〇月〇日から〇日まで、旅行でお休みさせていただきます。」

良い例

「恐れ入りますが、〇月〇日から〇日まで休暇をいただけますか?」

遊び目的というのを最初から伝えるよりも、まずはお詫びの言葉を伝えましょう。その後、理由を聞かれた際に「旅行です」などと伝えるのがスマートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です