ビジネスマナー|飲み会の誘いを断る場合

business

急な飲みの誘いを断る場合

悪い例

「急に言われましても…ちょっと…」

この言い回しはNG。心象を悪くして、二度と誘ってくれないかも…。

良い例

「ありがたいのですが、あいにく本日はどうしてもはずせない用事がありまして。」

まずは誘ってくれたことに対してお礼を述べましょう。用事についてはオブラートに包んだ表現でOKです。

先々の飲みの誘いを断る場合

悪い例

「その日は、ちょっと用事が入っていた気が…」

良い例

「申し訳ございません。今、手元に手帳がないので、予定を確認してからお返事してもよろしいでしょうか。」

先々の気の乗らないお誘いを断る場合はまず保留しましょう。そして改めて参加できないことを当日中に伝えましょう。

まとめ

職場の飲み会と言っても、プライベート感覚に近い飲み会なのか、それとも会社色の強い飲み会(歓送迎会や忘年会)なのかで、求めらる対応の仕方は異なります。

その飲み会がどのような性質のものなのかを適切に判断しないと、あなたの評価を下げることにも繋がりかねません。

『飲みにケーション』という文化が廃れつつあるとはいえ、あなたの会社・上司によってはそれが必要となる場合もありますので、会社での人間関係を良好に保ちながら、上手に断るテクニックを活用してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です